少しでも安く抑えたい

車検の見積は最低でも5社以上あげる

私はを最低5社以上あげることをお勧めします。5社に根拠はありません、ただ5社あげれば経験上、最低額と最高額の開きはかなり見られてきます。持参するのは車検証だけで大丈夫です。前もって車検の見積希望と連絡をしておきましょう。一番最初に車検を出すのは決まってディーラーと決めています。ディーラーは色々なオプションを要求することで金額がかなり高いです。
また、技術料などもチェーン店より高いです。しかし、その車の事細かを知っている分ここだけは確実にやった方が良いという部分の指摘も強いです。この車検の見積を持って他社に周ります。そうするとディーラーでは必要と書いているけどうちでは不必要、などという意見も出てきて車検の見積額に開きが出てきます。ただ安ければ良いってものではありませんが、部品をディーラーで交換しようがチェーン店で交換しようが適切に行われていれば問題ないのです。最初にディーラーで高額な車検の見積額を見た後だと自然と他社で安くしてくれている感が産まれます。そのため、消費者としてお得感が産まれるわけです。
現在はインターネットでの車検見積を一括で査定してくれるサイトがあります。車検証と現在の車の状態打ち込めば相場が出てきます。が、実際に車を見ていないため見えない下回りやエンジンルームの不調に気づいてくれないので私は使用しないことにしています。ぜひこのやり方を参考にしてみて下さい。

車検は高いを覆そう

車検は高いってイメージが定着しております。車検までそれぞれ期間がまちまちなので、忘れた頃を見計らって一気に襲い掛かってくるイメージが、車検をより高く思わせてしまっているのかもしれません。ただ、実際に高い車検を受けていらっしゃるという可能性は否めません。何故なら、車検をする場所によって、料金がそれぞれ違うからです。
車検の料金には、それぞれ車検を行う業者の手間賃が上乗せされます。任せている訳ですから当然と言えば当然なのですが、その業者それぞれの企業努力で、手間賃に差が生まれているのです。それは以前には見られなかった程に差が広がっているケースも存在するのです。実感を得る為に一番手っ取り早いのは、見積もりを依頼する事です。
いつも頼んでいる業者以外に、複数社からマイカーの車検をした場合の見積もりを取るのです。そうすれば今までの値段とどう違うのか?何が理由で違うのか?自らのカーライフに一番適した業者はどこなのか?ということが、客観的に判断できるようになります。ほとんどの業者が無料見積もりに対応してくれますし、煩わしい場合は簡易的ではありますが、ネット上で概算を弾き出すことだって可能です。次の車検、見直してみてはいかがでしょうか。

PRESS RELEASE

少しでも安く抑えたい

READ

車検と費用の関係性

READ

複数の業者から見積もりを取ろう

READ

費用にとらわれずサービスも重視

READ